ロンドンの暴動で損害を被ったレコードレーベル
いまロンドンが大変な事になっていますね。
ロンドンの暴動で損害を被ったレコードレーベルについてTimeOutTokyoの記事を読んだのでここに引用してみます。



"

沢山のビデオや写真で紹介されてきた『破壊されたソニービルディング』だが、正確なことを言うと、あれは北ロンドンのエンフィールドにある「ソニー・ディストリビューション・センター」ということになる。このビルの主な役割は、PIASという配送会社が使っている倉庫だという。この会社は主にレコードレーベルや映画会社が使っているディストリビューションの会社である。今回の火事で150以上のレーベルが自身の在庫を失ってしまい、多くの人達がその状況から立て直そうと必死になっている。

しかし、イギリスの音楽ファンたちは、こうやって失われてしまった音源やプロダクトをもう一度作り直す為の募金を集めるイベントを企画しているという。さらに、PIASを助ける為にはどのCDを買えば良いのかといったリストまでネット上に現れ始めている。例えばこのサイトがそうである。もしもPIASを助けたいと思った人達は、Mogwaiの『Young Team』やJoanna Newsomの『Have One On Me』、そして日本のバンドBo Ningenの『Bo Ningen』などを買ったら良いらしい。もちろんこれらのCDを直接イギリスのレーベルから買うことでも援助が成立する。彼らのウェブサイトにいけば直接オンラインショッピングで買うことができる。もしも英語がわからないという人がいたら、気軽に僕らに聞いて欲しい。いつでも喜んでお手伝いするので。

今回の事件で損害を被ったレコードレーベルのリストはこちらから

"

Paul has come?
こんばんは。
たくみです。

今日のメディアはなでしこ一色。
寝不足の方や、まだ余韻に浸りながらまだ夢の中の人もいらっしゃるのではないでしょうか。
改めて、優勝おめでとうございます!
野球、女子サッカーと世界一に輝いているので次は男子サッカーか?と3年後に期待しますが、その前に出場を決めてからの話ですね。
盛り上がった女子W杯ですが、その裏側で地元ドイツでは昨年の男子W杯で地元ドイツ代表の全試合と決勝の結果を的中させ、話題になり、昨年の秋に老衰のため大往生した予言タコ「パウル」の後継者を決めるイベントが行われていた。
ドイツ国内の水族館から7匹のタコが選ばれ、予選から予言していましたが4試合目の時点で全滅。
初代パウルほどのずば抜けた予言能力を持ったタコは現れなかったものの、昨日の決勝は7匹中4匹が日本の勝利を予言。
なでしこジャパンの勝利はタコのおかげ?
Happiness Is A Warm Gun
こんばんは。
たくみです。

今年のサマソニにも出演するBeady Eyeの司令塔のリアムがただいまビートルズの映画を制作中とのこと。
そのビートルズの映画にジョニー・デップに出てほしいと言っているようだ。
脚本も出来上がっていて、ジョニー・デップにはビートルズの広報を長く携わっていたデレク・テイラーの役を演じてほしいと熱望している。
デレク・テイラーはApple Corpsの事業においても重要な役割を果たしたほか、ジャーナリストとしてビートルズ関連の本も出版して、ビートルズの曲「Happiness Is A Warm Gun」の作詞に協力したりとビートルズと切っても切れない人物。
引っ張りだこの売れっ子俳優ジョニー・デップはリアムの期待に応え、GOサインを出すのか?
今後の最新情報に期待です。
20%
今回は学べるかどうかはわかりませんが、イギリスの経済のお話。



財政難のイギリスは新年早々の4日、日本の消費税にあたる付加価値税の税率がこれまでの17.5%から20%に引き上げられました。

イギリスの付加価値税は、日本の消費税のように全ての商品に課せられているわけではなく、付加価値のついたいわゆるぜいたく品のみでガソリン代や光熱費が今回の増税で値上がりし、庶民の生活への影響を懸念する声もあるそうです。

他にもイギリス政府は財政改革を行い、年金の受給年齢を68歳に引き上げ、4月からは民間企業の定年制を撤廃し、収入が無い期間をつくらないよう定年をなくし、収入が得れれば消費も増え税収も増えると政府は見込んでいるようです。



どこの国も財政難で改革を計画していますが、イギリスは改革に踏み切ったと言えるでしょう。

今後この改革によって、生活に困る→ぜいたくが出来ない→音源の売り上げが伸び悩む→アーティストがフィーチャーされなくなる…

といった連鎖になり、洋楽アーティストにも影響が無ければいいんですけどね。

日本も財政難と言われていますが、よりよい方法で改革し、経済を立て直して欲しい!…と政治家でも無いですが、声を大にして言いたいです。




以上、たくみの学べるかわからないニュースでした。

では、また。
Football England To Me! 2
 さ、というわけでこちら、まさかのシリーズ化です。
皆さん、NHKでも放送された、日本代表とイングランド代表の親善試合はご覧になりましたか?まさかの日本先制→まさかのPKをイングランドの名手ランパードが失敗→まさかのオウンゴール×2でイングランドが逆転勝利、という結果だけ見るとなんとも評価が難しいテストマッチでしたが、観てる分にはいいゲームでした。イングランド協会の公式サイトでは"Japan help England home."なんて書いてましたけどね。

ちなみにイングランドは、まだ本大会に挑む23人の枠を決定しておらず、この試合でも前半と後半で5人の選手を入れ替えていました。主力のジェラードやジョー・コールが20番台の背番号を着けていたのもそのため。南アフリカに行く23人の発表は火曜日。
背番号の話が出たところで今回はユニフォームの話を少し。イングランド代表のユニフォームは、国旗のカラーにちなみホームモデルが白、アウェイモデルが赤を基調とした配色。昨日の試合ではアウェイモデルを着用していましたね。



そしてこのたびイングランド代表のオフィシャル・サプライヤーであるUMBROから、"World champions collection"として過去に優勝経験のある7カ国の限定ユニフォームが発売されました。これ、デザインは勿論なんですが、モデルに起用されている女性がみんな奇麗というのもポイント高いです。しかも、それぞれの国のスター選手の恋人を起用しているとか!我らがイングランドはAbbey Clancyを起用。彼女は身長2メートルを超える大型FW、Peter Crouchのフィアンセです。

Football England To Me! 1
 さ、6月のFETM!も後10日ばかりと迫って参りました。皆様楽しむ準備は出来ていますか?
そして2010年の6月と言えば、こちらも!4年に一度のお祭り、サッカーのワールドカップ開幕もあと15日を切ってます。え?サッカーはあまりお好きじゃない?いえいえ。ロックンロールとフットボールは切っても切れない縁なのですよ。Museとかがデカイライブをやるときの会場として名高いウエンブリー・アリーナって、普段はサッカー競技場ですから。甲子園球場でライブやるようなもんですよ。

そして勿論、ミュージシャンによる応援ソングなんかも作られてるんです。本日紹介するのは、あのブラーのベーシストにしてチーズ職人、アレックスも参加したFat Lesによる1998年のフットボール協会非公式アンセム、"vindaloo"。これ当時、協会公式の応援ソングよりも売れたそうです。流石アレックス。そしてヴィデオは、あのVerveの名MVを思いっきりパロディ。笑えます。


This is British Life!!


昨晩はいつものfetm!メンバーでミーティング。いつもの新宿、いつもの安居酒屋にて。ほんとにいつも野郎ばっかり…女子もいるといいですね、華があって。でも、あれだな、バカ話は野郎に限ります。

私は学生時代から男友達至上主義で、女子連合からは非難轟々浴びせられてきました。女子連合とは、彼女の親友数人をさします。彼女をおざなりにした翌日、女子連合が攻めてきます。どうでもいいですね。

さて、ミーティングの前に訪れたは、英国の伝統工芸品、民芸品がところ狭しと並びに並んだとあるお店。ここはすごいです!英国にちなんだものならばなんでも揃っています。困ったらここへ行けば間違いない。そんなお店。この日は来るマニックスのために、ウェールズの国旗を購入。ナノムゲンで思いきり振ってアピろうかと企んでおります。

横浜アリーナでウェールズ国旗を見かけたら、それは私です。
Cafe-Creperie Le Bretagne
creperie
私、生粋の英国好きであります。それはパーティーのタイトルもそう、
私服もそう、衣装だってそうです。先祖はケルト人であることからも
それはもう、盤石の域に達していると言ってもいい。過言だけど。

そんな私ですが、フランスも胸をかきむしるくらい大好きなんです。
街も人も、建造物もサエキけんぞうも。後者は嘘。
「え?それってフェルト地?」というやりとりも「エッフェル塔」と
聞こえてしまいますし、「千住の建造物」も「セルジュ・ゲンズブール」と
聞こえてしまいます。

なにを隠そう本業であるコントデュオの、以前のキャッチコピーですら、
「下北沢のヌーベルヴァーグ」と付けていたくらいですから。
(※現在は「MADE IN TOKYO」です。いづれも意味不明)

愛情は鬱陶しいくらい伝わったことを前提として、今回は日本に居ながら
パリのエスプリを存分に味わうことができるお店を紹介いたします。

Cafe-Creperie Le Bretagne(ル・ブルターニュ)

神楽坂や表参道にあるガレット屋さんです。ここのガレットはとにかく
美味しいです。食事系も甘味系もどちらもいけます。
ガレットはそば粉を原料としていて、ルチンや食物繊維、ビタミンB群などが
豊富でとってもヘルシーです。

そして、どうせ訪れるのであれば神楽坂本店をお勧めします。店員さんも
お客さんも土地柄、フランス人が多いですから。やはり、本場のフレンチを
耳にしながらのカフェタイムはなんとも言えず贅沢な雰囲気に浸れます。
あと、神楽坂の街並みも情緒があって素敵です。ちょっとパリに似てますし。
是非一度お試あれ!
Page: 1/1   


facebook :)
 

UK ROCK DISC GUIDE
UK ROCK DISC GUIDE

Party & Other Party

fetm! Archives

Member

長嶋智彦 (ダーリンハニー)
http://jpuk.net/
http://dhweb.mods.jp/


関山雄太 (Playing Pate)
http://hncr.jp/
http://playingpate.jp/


iwaholi (SpinASS, Playing Pate)
http://www.spinass.com/
http://playingpate.jp/


宮野哲郎 (acari, ex.ninaplay)
http://www.acari-web.com/

服部太郎

たくみ (ライフライン)

Figgy

Manu

フジヨシ (WONDERKIND)
http://wonderkind.jugem.jp/

 

SHINJUKU OTO

http://www.club-oto.com/
新宿区歌舞伎町1-17-5-2F 03-5273-8264
歌舞伎町一番街、ラーメン屋さん「光麺」の隣のビル2F。

Search

Archives

Category

Link

Feed

Mobile

qrcode